[ あいさつ ]

患者様一人一人に合った 最適な医療を提供いたします

わたくしどものクリニックでは、腎臓の病気を総合的に治療することに全力を注いでおります。透析にいたるまでの保存期腎不全の方には、なるべく透析が必要とならないように 治療、指導を行います。そして、透析が必要となった場合でも、患者様のライフスタイルにあったさまざまな治療法(施設血液透析、在宅血液透析、腹膜透析)のご提案もさせていただきます。

また、わたくしどものクリニックは、できるだけ患者様が癒され、アットホームな雰囲気の中で治療を受けていただきたいという思いを大切にし、長時間快適に過ごしていただくための工夫を随所に取り入れております。

患者様にもスタッフにも、「ここに来てよかった」と思っていただけるクリニック、そして、地域の皆様に愛されるクリニックをめざして努めてまいりますので、宜しくご支援のほど賜りますようお願い申し上げます。

髙橋計行クリニック 院長 髙橋 計行

髙橋計行クリニック 院長
髙橋 計行

【経 歴】
1982年
近畿大学医学部卒業
1982年
近畿大学医学部第三内科に入局(腎臓グループ)
1993年
(医)紀陽会 田仲北野田病院入職
2001年
(医)長寿会 長寿クリニック副院長就任
2005年
(医)長寿会 長寿クリニック院長就任 <在宅血液透析に携わるようになる>
2009年
(医)恒進会 恒進会病院 副院長兼腎臓病センター統括所長に就任
2011年
髙橋計行クリニック開院
2013年
(医)計行会 髙橋計行クリニック理事長に就任

副院長あいさつ

髙橋計行クリニック 副院長 大野 卓志

髙橋計行クリニック 副院長
大野 卓志

維持血液透析や腹膜透析を主とした血液浄化療法を中心に、保存期腎不全や糖尿病、高血圧、高脂血症、骨粗鬆症などの生活習慣病の患者様の診療に従事しております。

透析患者様が合併症もなく、良好な生活を継続するために、患者様一人ひとりに適した治療を提供する必要があります。そのためには患者様と医療者がお互い納得するまでコミュニケーションを取ることが必要です。
当院の透析室は開放感がある広々とした設計となっています。また、ベッド間隔は充分に取れていますので患者様のプライバシー保護にも安心していただけます。
多少時間はかかりますが、患者様の声に耳を傾け、そして患者様との共感の姿勢を忘れず、患者様の主体性を尊重した治療とケアを進めて行きたいと思います。

また、患者様だけではなく、ご家族も含めたケアを心がけています。患者様、あるいはご家族のお顔をみながら笑顔で会話ができて、クリニック以外のところでも気軽に声をかけてもらえる、そのような関係でいられればと考えています。

皆様のお力になれるようスタッフ一同努力してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

看護部長あいさつ

髙橋計行クリニック 看護部長 中尾 弘美

髙橋計行クリニック 看護部長
中尾 弘美

わたくしどものクリニックは2015年11月末に新施設へ移転。ベッド数を70床と大幅に増床し、今までと同様に腎疾患に対する保存期から透析治療導入までの専門医療を行っています。また、近隣施設では珍しい在宅血液透析(HHD)も提供できる数少ない施設であり、地域医療に密着した信頼されるアットホームなクリニックを目指しています。

わたくしどものクリニックでは、透析治療・ケアに特化し「寄り添いと思いやりの心」で皆様に安全・安楽で信頼される医療と看護の提供を目指しています。

腎不全看護は病気と向き合いながら生活されている患者様はもとよりご家族様との深い関わりが特徴であり重要と考えています。特に在宅血液透析に関しては患者様と介助者様との二人三脚で行う治療のため、介助者様との連携を図り技術面だけでなく精神面に対するサポートにも力を注いでいます。

また、「いつまでも自分の足で歩こう」を目指して、特別にチームを編成し糖尿病および下肢に疾患を抱える患者様を対象としたフットケアと、筋力の低下の予防を含めた運動療法にも力を注いでいます。

わたくしどものクリニックでは患者様およびご家族様に安心した治療・サービスを提供するため、また職員に対する知識・技術の向上を図るために積極的な学会参加も推進しています。近隣施設とも深い連携を保ち、サポート体制の充実を図り安全で安心・信頼されるクリニックを目指しています。ぜひ一度わたくしどもの施設へ見学にお越しください。